小池知事 東京でインド変異株1件を確認「どんなものか分からず怖い」

2021年4月26日 18時00分
小池百合子知事

小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は26日、インドで猛威をふるい、これまでに国内で21件が確認されている新型コロナウイルスの変異株について「そのうち東京は1件が確認できている。それより多いかもしれない」と明らかにした。
 小池知事は「それがどういうものなのか、分からないことがかえって怖い」とし、「去年でいろいろ学んでと仰っている方もいるけれども、でもまだ未知のものに戦い続けている。まだワクチンがこういう状況ですので、常にしめていかなければならない」と警戒を呼びかけた。
 インドの変異株をめぐっては、加藤勝信官房長官が26日の記者会見で、これまでに国内では空港検疫20件、国内事例1件の計21件確認されたことを明らかにした。
 インドの変異株は「二重変異株」と呼ばれることもあり、免疫が働きにくくなったり、感染力が強まったりする可能性がある。
 加藤長官は「各国政府、世界保健機関(WHO)などと連携を図りながら情報収集を行うとともに、国内における変異株への監視体制の強化など必要な対策を徹底していきたい」と強調。インド変異株に対するワクチンの有効性に関しては、「具体的な見解が示されているということは承知していない。引き続き情報収集に取り組む」と語った。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧