<テークアウト グルメ>日本橋だし場 はなれ(4・5月の弁当)

2021年4月27日 07時48分

◆だし生かす“はなれ技”

 ふたを開ければ、マスクを通してでもわかる、だしの香り。すべてのおかずにだしを使った、かつお節の老舗ならではのお弁当だ。

<1>

 創業300余年のにんべんが手がける「日本橋だし場 はなれ」=写真<1>=は本店の“はなれ”で、だしに洋風も中華も取り込む“はなれ技”料理が食べられる意味を込めた和ダイニング。昼時は行列が絶えない人気店になっている。
 メニューは2〜3カ月ごとに入れ替えており、テークアウトは昨年6月からスタート。「一汁三菜御膳」と「だし椀(わん)御膳」をお弁当として提供している。写真<2>は4、5月の「一汁三菜御膳」の主菜を詰めた「日本橋だし場はなれ弁当<厚切り豚肉とごろごろ野菜の旨煮(うまに)>」(900円)。

<2>

 豚バラ肉を大根、ニンジン、ゴボウなどとともに、じっくり煮込んでいる。肉と野菜のうま味と甘みがだしに溶け込み調和しているのは、ふんだんに入れたかつお節のおかげ。
 付け合わせの総菜は、切り干し大根、ひじき煮、うの花、きんぴらゴボウ。これもまただしをきかせた間違いない味。さらに、ごはんにかけられるよう、別添えで「本枯鰹節(ほんがれかつおぶし)」の削り節パックと醤油(しょうゆ)も付けた。伝統的製法でカビ付けと天日干しを4回以上繰り返し、半年以上かけて作るという「本枯鰹節」は、にんべん自信の一品。上質なかつお節の香りが口いっぱいに広がると、幸せ感もいっぱいになる。 (さりあ)
 中央区日本橋室町2の3の1 COREDO室町2 1階。ランチ11〜14時(ティー&ディナータイムも含め、最新の営業状況は公式サイトを確認のこと)。不定休(施設に準ずる)。(電)03・5205・8704

関連キーワード


おすすめ情報

メトロポリタン+の新着

記事一覧