安倍氏の元秘書を再び不起訴 「桜」夕食会、東京地検が再捜査

2021年4月27日 18時13分
2019年4月、「桜を見る会」であいさつする安倍首相(当時)=東京・新宿御苑

2019年4月、「桜を見る会」であいさつする安倍首相(当時)=東京・新宿御苑

 安倍晋三前首相の政治団体が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の収支を巡り、東京地検特捜部は27日、政治資金規正法違反(不記載)容疑の一部を不起訴(嫌疑不十分)とした元公設第一秘書の配川博之氏(61)を再び不起訴(同)とした。
 検察審査会が「不起訴不当」と議決したことを受け、再捜査していた。
 特捜部は昨年12月、配川氏が2016~19年、政治団体「安倍晋三後援会」の政治資金収支報告書に、補塡分約708万円を含む夕食会の収支約3022万円を記載しなかったとして略式起訴。15年分については、収支報告書の原本が廃棄されるなどしていたことから不起訴とした。検審は3月、「他の証拠で事実を認定できる」として不起訴不当としていた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧