小池知事「よく聞いていただきたい」丸川五輪相に反論

2021年4月27日 21時05分
丸川珠代五輪相(左、2019年7月撮影)と小池百合子東京都知事(2021年3月撮影)

丸川珠代五輪相(左、2019年7月撮影)と小池百合子東京都知事(2021年3月撮影)

 東京都の小池百合子知事は27日、丸川珠代五輪相が新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた医療提供体制が都から示されていないと苦言を呈したことに、「実務的には詰めている。都の役割の部分と、そこは組織委員会のほうで決めておりますので、よく聞いていただきたい」と反論した。都庁で報道陣に答えた。
 丸川五輪相はこの日の会見で、都の対応について、「主催者としての責任、医療現場を預かる責任をどう果たすのか。国はどう支援すればいいのか非常に戸惑う」などと不満をにじませていた。
 発言を受けて小池知事は「いまプレイブックを作るにおいて明日、会議があり、すでに実務的には詰めている」と明かした。さらに、「連携しながらやっていることでありますので、コミュニケーションをしっかりとっていく必要がある」と述べた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧