春の褒章 県内から13人

2021年4月28日 08時04分
 春の褒章が二十八日付で発表され、静岡県内から十三人が受章した。農業や商工業の業務に精励した人の黄綬が六人、福祉などのために尽力した人への藍綬が七人。このうち県東部の二人の喜びの声を紹介する。

◆黄綬褒章 重盛弘子さん(75) 何よりも安心・安全を

 避難はしごを収納するハッチなど、防災関連機器の製造販売を手掛ける「エム・テー工業」(裾野市)の社長を務める。「ますます責任が重くなるので、これからも人として成長していきたい」と語る。
 一九八一年に義父が創業し、九九年に夫から社長職を継いだ。当時は専業主婦で、会社はほぼ関わっていなかったため、「一からのスタートで苦労した。ここ数年で、ようやく仕事に慣れてきたという感じ」と振り返る。
 商品が使われるのは、火災時など人命が関わる現場だ。「人の命を守る製品なので、何よりも安心・安全が大切。そこだけは今後も曲げないでいきたい」と力を込める。裾野市平松。 (佐野周平)

◆黄綬褒章 村松富近さん(77) 時と思い出、守り続け

 「時は命なり」と五十六年間、機械式時計の修理・調整をしてきた。「自分はまだまだだ。体が動く限り、技術を磨き続けたい」と意欲は衰えていない。
 二十一歳で父の創業した店に入った。百分の五ミリと小さな部品を組み合わせる高度な技術が求められた。
 機械式は数十年愛用する人もいる。「お客さんの思い出が詰まっているんだ。『直せません』なんて、絶対に言えない」と、必死に腕を磨き続けた。
 後進育成にも取り組むがこの一年は、新型コロナウイルス禍で講習会が開けなかった。「機械式の愛用者がいる以上、時と思い出を守る職人は必要。しっかりと技術を伝えたい」と、新型コロナの収束を願う。沼津市原。 (渡辺陽太郎)

◇春の褒章受章者(敬称略)

 ▽黄綬褒章(6人)
木俣純一(71) 西遠土地建物センター取締役 浜松
重盛弘子(75) エム・テー工業代表取締役 裾野
野ケ本明(76) 明建会長 牧之原
前田忠浩(72) エルフロント代表取締役 静岡
村松富近(77) ムラマツ時計眼鏡店代表 沼津
守屋勝博(66) サインアートモリヤ代表取締役 浜松
 ▽藍綬褒章(7人)
内山悦子(73) 家計調査員 静岡
久保田愛子(71) 保護司 三島
小出嘉代子(78) 元民生・児童委員 富士
佐野美代子(83) 元富士宮市明るい選挙推進協議会副会長 富士宮
芝田行億(74) 保護司 富士
鈴木須美子(76) 保護司 静岡
横山保夫(67) 調停委員 焼津

関連キーワード


おすすめ情報