<華宝塚>清く正しく美しく 極美慎(星組)

2021年4月29日 07時21分
 星組公演「ロミオとジュリエット」(五月二十三日まで、東京宝塚劇場。同十一日までは公演中止)は、よく知られているラブストーリー。シェークスピアの不朽の名作をジェラール・プレスギュルヴィックがミュージカル化し、宝塚歌劇団が二〇一〇年に日本で初上演。五度目となる今回は礼真琴(れいまこと)、舞空瞳(まいそらひとみ)のトップコンビを中心に永遠の愛を紡ぐ。愛にあふれた人気の公演で、ロミオ(礼)の親友マーキューシオ、ジュリエット(舞空)に求婚する富豪、パリス伯爵の二役を役替わりで演じている。
 マーキューシオは「ロミオたちとの友情を見せながらも危なっかしい部分を見せる案配が難しく」、パリスについては「限られた出番の中で、気取り屋の間抜けの表現の仕方」を考えながら舞台に立つ。
 アニメ「ドラゴンボール」が好きで幼稚園のころから中学まで空手を習っていたが、中学三年の時に宝塚を初観劇して「キラキラした世界観」に一気に引き込まれ、「高身長でこんなに輝ける世界がある」と、タカラジェンヌをめざした。
 入団八年目で、新人公演の主演を二度経験している実力派。「身も心も舞台も、すべてに対して『清く 正しく 美しく』ありたい」という。舞台映えする一七五センチの高身長で躍動中の成長株は「やったことのない悪役に挑戦して、人間の影となる部分を勉強したいです」と男役の道をまい進中。(山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

(1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
−お布団。硬い所で寝たり、寒いのが苦手です。
(2)「幸せだなあ」と感じるときは?
 −1日が終わってお風呂にゆっくりつかる瞬間。バスソルトが好きです。
(3)1週間休みがあったら何をしますか?
−温泉めぐりをしたいです。砂風呂に入ってみたい。
<きわみ・しん>
(1)出身地=横浜市
(2)出身校=神奈川県立港北高校
(3)入団年=2014年
(4)愛称=しん、かりん
(5)趣味=映画鑑賞
(6)好きな花=ラベンダー
 ※7月21〜29日、東京芸術劇場プレイハウス(東京・池袋)での星組公演「婆娑羅(ばさら)の玄孫(やしゃご)」に出演予定。
 ※宝塚歌劇の最新情報は公式ホームページで。

関連キーワード

PR情報

芸能の新着

記事一覧