三段目響龍が死去 春場所で頭部強打

2021年4月30日 08時01分
 大相撲の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)の天野光稀(あまの・みつき)さん=境川部屋=が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。28歳。山口県出身。日本相撲協会が29日に発表した。葬儀・告別式は境川部屋関係者のみで執り行われる。
 天野さんは春場所13日目の3月26日の取組で、すくい投げで土俵に落ちた際に頭部を強打。うつぶせで動けず、しばらくしてあおむけにされた。駆け付けた医師が土俵上で状態を確認。担架で運び出されて救急搬送され、入院中だった。関係者によると、首から下が動かず、寝たきりの状態が続いていた。
 現役力士の死去は昨年5月に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全で亡くなった三段目の勝武士(しょうぶし)以来。取組で負傷した力士が死亡するのは極めて異例。
 2011年5月の技量審査場所が初土俵で、最高位は西三段目24枚目。相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は広報部を通じ「突然の訃報に、ただただ驚き、ぼうぜんとしております。懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと願っております」とコメントした。

関連キーワード


おすすめ情報