【動画】上川法相、遺族の面談希望に応じず「現状では適切でない」 入管収容中のスリランカ女性死亡問題

2021年4月30日 17時21分

ウィシュマ・サンダマリさん(遺族提供)

 名古屋出入国在留管理局(名古屋入管)で3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が、収容中に死亡した問題で、上川陽子法相は30日午前の閣議後記者会見で、遺族が法相との面談を希望していることに「遺族の皆さまにも心痛を感じる事案が発生し心を痛めているが、中間報告の現状でお会いするのは必ずしも適切でないと考えている」と現時点での面談は行わない方針を示した。
 名古屋入管の見学を遺族が希望した場合の対応には「遺族の要望には入管庁としてしっかり対応、支援していきたい」と答えた。
 遺族はできるだけ早い段階での遺体との対面を希望しているが、入管庁は原則通り入国時にホテルなどに14日間、待機することを求める方針。(望月衣塑子)

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧