【動画】入管で死亡のスリランカ女性遺族が来日 「法相と面会したい」

2021年5月1日 20時06分

◆「日本政府は本当のことを教えて」

 名古屋出入国在留管理局(名古屋入管、名古屋市)の施設収容中に体調不良を訴え、死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=の遺族が1日、成田空港に到着した。遺族は上川陽子法相との面会を求め、「(ウィシュマさんに)何があったのか聞きたい。日本政府は本当のことを教えてほしい」と訴えた。

「姉はとても親切だった。(上川陽子)法相に会って説明してほしい」と、ウィシュマさんの遺族・妹2人は話した=1日、成田空港で

 来日したのは、ウィシュマさんの妹のワヨミさん(28)とポールニマさん(26)ら。母親のスリヤラタさんも来日を希望したが、娘の死を悲しんで体調を悪くして来られなかったという。

名古屋入管で亡くなったウィシュマさん(遺族提供)

 ワヨミさんは「(ウィシュマさんが亡くなる直前の)ビデオをみたい」と話し、2人で「(法相に)私たちの心情を知ってほしい」と語った。ウィシュマさんの人柄に話が及ぶと、2人は「親切な人だった。今は悲しくて(詳しく)話せない」と涙ぐんだ。
 遺族らが新型コロナウイルスの感染防止で14日間の待機が必要になるため、ウィシュマさんの葬儀は2週間後に執り行われる予定。弁護団は名古屋入管の責任者にウィシュマさんの死亡に関する説明を求めるほか、上川法相や国会議員との面談を要請する方針という。(望月衣塑子)

関連キーワード

PR情報

動画の新着

記事一覧