アップルによる「囲い込み」批判 米エピック、アプリ巡る訴訟で

2021年5月4日 06時30分 (共同通信)
 カリフォルニア州の連邦地裁に到着したエピック社のティム・スウィーニーCEO(左)=3日、オークランド(ゲッティ=共同)

 カリフォルニア州の連邦地裁に到着したエピック社のティム・スウィーニーCEO(左)=3日、オークランド(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】人気ゲーム「フォートナイト」を運営する米エピック・ゲームズが、課金方法を巡る争いから米アップルを独占禁止法違反と訴えた裁判が3日、カリフォルニア州の連邦地裁で始まった。エピックは、アプリ市場「アップストア」からゲームを削除したアップルに対し、独占的な地位を使って開発者と消費者を囲い込んでいると批判した。
 これに対しアップルは、消費者はアップストア以外にも選択肢があると反論した。訴訟は巨大ITの独占的な地位について司法がどのような判断を下すかの試金石となるため注目されている。

関連キーワード

PR情報