北アルプス槍ケ岳で男性パーティー遭難、3人死亡 吹雪で視界悪く

2021年5月4日 20時26分

北アルプス槍ケ岳で遭難者の救助活動をする長野県警山岳遭難救助隊員=4日午前(同県警提供)

 長野県警は4日、長野、岐阜両県にまたがる北アルプス槍ケ岳(標高約3180メートル)で岐阜県と愛知県から訪れた男性3人の登山パーティーが遭難し、いずれも救助後に死亡したと発表した。現場は雪が積もり、遭難が起きた3日午後は吹雪で視界が悪かった。
 死亡したのは、会社員の田口貴章さん(28)=岐阜県中津川市、会社員の西尾英昭さん(37)=岐阜県土岐市、派遣社員の二ノ宮宏之さん(49)=愛知県一宮市。

男性3人が遭難した北アルプス槍ケ岳=4日午前(長野県警提供)

 長野県警によると、3日午前に岐阜県の新穂高登山口から入山。午後2時半ごろ、3人のうち1人が「飛騨乗越付近で仲間1人が滑落した」と110番した。救助隊員が出動し、登山道上で倒れていた田口さんを発見、午後7時ごろ、付近の山小屋に収容した。
 4日午前には、飛騨乗越の登山道上で横たわっていた西尾さんと、そこから東側に約180メートル滑落した地点で雪をかぶった状態で倒れている二ノ宮さんを発見。正午すぎに県警ヘリで救助した。

 県警は、登山道上で風に舞う雪に囲まれて視界が白一色になる現象「ホワイトアウト」が発生したとみており、状況を調べている。(共同)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧