G7外相会合が開幕 北朝鮮の「完全な非核化」で一致、対中国で結束確認へ 

2021年5月4日 21時40分
新型コロナの影響で対面での開催は約2年ぶりとなったG7外相会合で透明な板で仕切られた会場で討議に臨む各国外相ら=4日、ロンドン、ゲッティ・共同

新型コロナの影響で対面での開催は約2年ぶりとなったG7外相会合で透明な板で仕切られた会場で討議に臨む各国外相ら=4日、ロンドン、ゲッティ・共同

 【ロンドン=藤沢有哉】先進7カ国(G7)外相会合が3日、3日間の日程でロンドンで開幕した。権威主義を強める中国やロシアへの対抗策を議論する。中国が進出を強めるインド太平洋地域を巡っては、結束して対応することを確認する見通し。初日には、北朝鮮の「完全な非核化」という目標の堅持で一致した。

◆対面での開催は2年ぶり

 新型コロナウイルス禍の影響に伴い、G7外相会合の対面開催は約2年ぶり。
 加盟各国は、香港や新疆しんきょうウイグル自治区での中国による人権侵害を非難し、インド太平洋地域での影響力増大への懸念を強めている。今会合には、加盟国の他にインドや韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国ブルネイなども参加。G7議長国の英国は「共通の価値観、規範を守るためのインド太平洋地域の重要性を示している」と説明しており、民主主義陣営の結束を示すことで中国側に圧力をかけたい考えだ。
 3日の開幕前には、ブリンケン米国務長官とラーブ英外相が中国、ロシア情勢などに関して協議。ブリンケン氏は共同記者会見で「私たちは国際ルールに基づいた秩序を守る」などと中国をけん制した。
 同日夜には各外相が夕食を兼ねて北朝鮮情勢などに関して意見交換した。出席した茂木敏充外相はオンラインでの記者会見で、北朝鮮の全ての大量破壊兵器や弾道ミサイルについて「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」という目標堅持で一致したことを明かした。ブリンケン氏はこの意見交換で、米国の対北朝鮮政策の見直しについて各外相に説明した。
 英政府によると、4日は、ロシアやミャンマー情勢なども議論する。今会合では、気候変動対策や新型コロナワクチンの公平な供給策も議題で、発展途上国に住む女性の就職や起業の支援のため、2年間で150億ドル(約1兆6400億円)を拠出することで一致する見通し。G7は6月中旬に、英国で対面式の首脳会議を開く予定。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧