19年の新宿区議選 浅見氏当選を決定 松田氏「無効」高裁確定で

2021年5月7日 07時13分
 二〇一九年四月の新宿区議選で当選した松田美樹氏(当時・NHKから国民を守る党)の当選無効が東京高裁で確定したことを受け、区の更正決定選挙会は四月三十日、次々点だった浅見民栄(あざみたみえ)氏(共産)の当選を決定した。次点の田中憲秀氏(同)は今年二月に死去した。
 区選管は二〇一九年九月、松田氏について、公職選挙法が定める区内での居住実態が認められないとして当選無効を決定。都選管も決定取り消しの審査請求を棄却する裁決をした。松田氏は都の裁決取り消しを求めて、東京高裁に提訴したが棄却され、最高裁に上告。今年四月二十三日に上告を取り下げて高裁判決が確定した。

関連キーワード


おすすめ情報