1人1問の菅首相会見 本紙記者「再質問に応じて」と要望、結果は…<記者会見詳報>

2021年5月7日 22時07分

◆ワクチン接種、年内に終えられるか

 記者(京都新聞) コロナ禍で五輪を目指すことに厳しい風当たりを感じ、苦しんでいるアスリートにメッセージは。
 首相 安全安心な大会にするので懸命に取り組んでいただきたい。
 記者(時事通信) 一般の国民がワクチン接種を終える目標の時期は。年内に終えることは可能か。
 首相 来月中をめどに高齢者の接種の見通しが付いた市町村から基礎疾患を有する方々を含め、一般の方への接種も開始したい。まずは高齢者を終え、国民に広く接種していく。現時点ではそこまでにさせていただきたい。

菅首相

 記者(フリーランス・安積明子氏) 変異株がまん延するインドにいる邦人に、領事館でPCR検査をする仕組みが必要では。
 首相 PCR(検査)をする場所を領事館で紹介し、行えるようになっていると報告を受けている。

◆ワクチン1日100万回の根拠は

 記者(日本経済新聞) 1日に100万回のワクチン接種を目指す目標に触れたが積算根拠は。
 首相 接種が本格的になって慣れてくれば可能だと思っている。
 記者(テレビ東京) 大規模商業施設の休業要請を緩和すると感染対策を緩めることにならないか。
 首相 感染拡大を防ぐ対応策で全て止めていいのかという批判もあり、総合的に考えて対応した。

◆五輪の外国人関係者の監視、可能か

 記者(ラジオ・フランス) 東京五輪のために来日する選手を除く外国人関係者の行動を監視することは可能か。
 首相 大会関係者と一般の国民が交わらないように滞在先や移動手段を設定する。水際(対策)を含めてさまざまな制約があり、安全対策を徹底していきたい。

◆高齢者ワクチン、7月に完了できる自治体数は

 記者(読売新聞) 高齢者向けのワクチン接種について政府は7月末までの完了を目指すが、どの程度の自治体が可能か。
 首相 1700を超える市町村の中で、1000は7月末までに終えられると報告を受けている。医師や看護師の人手が少ないという問題はしっかり支援したい。
 記者(フジテレビ) 宣言の長期化への疲れや慣れをどう考えるか。
 首相 新型コロナの影響が長期化する中で自粛疲れや慣れが出ているとの指摘はその通りだ。酒の持ち込みもしないでほしいとお願いするなど粘り強く行っていくことが大事だ。
次のページ

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧