<新型コロナ>連休明け「第4波」が猛威 新規感染7000人超は1月以来、14都道府県で過去最多

2021年5月8日 21時24分
緊急事態宣言延長が決まって初の週末。表参道をマスク姿で歩く人たち=8日午前、東京都渋谷区で

緊急事態宣言延長が決まって初の週末。表参道をマスク姿で歩く人たち=8日午前、東京都渋谷区で

 国内で8日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が7244人となり、北海道、愛知、福岡など14道県で過去最多を更新した。7千人台は1月16日以来。緊急事態宣言の対象となっていない群馬や石川、大分などでも悪化が進み、各地で「第4波」が猛威を振るい始めた。厚生労働省が8日に発表した感染状況指標では、人口10万人当たりの療養者数は17都道府県がステージ4(爆発的感染拡大)相当の30人以上。感染力の強い変異株の拡大による深刻さが浮き彫りとなった。
 死者は大阪41人、東京と兵庫でそれぞれ6人などで計85人。厚労省によると重症者は最多だった前日と同じ1131人。
 厚労省の指標では、療養者数の最多は大阪の233人。ステージ4相当となった地域のほとんどで前週よりも数値が悪化していた。
 同じく感染患者のうち病院などに入院できている人の割合を示す「入院率」が25%を下回り「ステージ4」相当となったのは大阪10%、兵庫14・8%、京都20・1%、宮崎20・5%の4府県だった。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧