秩父音頭まつり 2年連続中止 感染拡大の影響で

2021年5月10日 07時15分
 秩父音頭まつり実行委員会(皆野町)は、8月14日に同町役場前のおまつり広場一帯で開催予定だった、第53回秩父音頭まつりを中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、来場者の安全・安心が十分に確保できないと判断した。中止は昨年に続き2年連続。
 秩父音頭は昭和初期、俳人の金子伊昔紅(いせきこう)(故金子兜太さんの父)が、現在の形に再構成した。秩父地域の踊りの祭典として知られ、流し踊りコンクールには県内外から参加があり、一昨年は71チーム、1572人が集結した。来場者は2万2000人だった。 (久間木聡)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧