小泉環境相、虫垂炎手術で当面入院 コロナは陰性

2021年5月10日 22時05分
小泉進次郎環境相

小泉進次郎環境相

 小泉進次郎環境相は10日、朝に微熱があったために検査を受け、虫垂炎と診断された。環境省は10日夜、小泉氏が東京都内の病院で手術を受け無事終了したと発表。しばらく入院が必要だが、体調が戻り次第、公務に復帰するとした。新型コロナウイルス感染症のPCR検査も受けたが、結果は陰性だった。
 10日は参院予算委員会への出席を予定していたが、取りやめて代わりに笹川博義副大臣らが答弁した。11日も法案の趣旨説明などで国会出席を予定していたが、副大臣が対応する。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧