<新型コロナ>茨城県で新たに40人感染 牛久市の高校でクラスターか

2021年5月10日 21時45分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県と水戸市は10日、新たに40人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計8607人になった。
 新規感染者の居住地の内訳は、古河市7人、土浦、取手市各4人など。
 土浦市の事業所では新たに3人が感染。感染者は計11人になり、県は、クラスター(感染者集団)が発生したと認定した。
 牛久市の高校では、新たに1人の感染が分かった。体育館を共用する部活動で計5人が感染し、県はクラスターが発生した可能性があるとしている。
 県は、これまでに公表した11人が変異株の検査で陽性だったと明らかにした。県内の変異株感染者は計322人になった。このうち8人が、国立感染症研究所でのゲノム解析の結果、英国型だと判明した。
 県と水戸市は35人の退院などを発表。退院者などは計7879人になった。(保坂千裕)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧