小学校とブルガリのホテル入居 次は八重洲に「ミッドタウン」 三井不動産、来年8月

2021年5月11日 07時11分

完成イメージ(三井不動産リリースより)

 東京駅八重洲口前(中央区)で整備中の新街区の名称が「東京ミッドタウン八重洲」に決まった。中心となる地上四十五階・高さ二百四十メートルの複合ビルには高級ホテルなどとともに、かつて、この地にあった区立城東小学校が入居する。来年八月の完成を予定している。 (井上靖史)
 開発を進める三井不動産によると、ビルは、オフィスのほかに地下一階〜地上三階に商業施設、三十九〜四十五階に国内初進出となる高級ホテル「ブルガリ ホテル東京」が入る。地下二階には、国内最大規模のバスターミナルを整備する計画。
 屋外テラスや会員制フィットネスクラブも開設し、入居者の心や体の健康維持に生かす。新型コロナウイルスの感染予防のため、顔認証など非接触型の入退館システムを導入する。
 城東小の校舎は、低層部の一〜四階を使う。敷地内に整備する、地上七階、地下二階の別棟には、認定こども園などが入る予定だ。ビジネス、ファッションスポットと地域の教育・子育て拠点が同居する珍しい施設となりそうだ。
 「東京ミッドタウン」は三井不動産が都心部で手掛ける街づくりブランド。港区の「東京ミッドタウン」、千代田区の「東京ミッドタウン日比谷」に続く、三カ所目の「ミッドタウン」となる。
 八重洲口前では現在、三つの大規模な再開発事業が動き出している。このうち東京ミッドタウン八重洲となる「八重洲二丁目北地区」は、最初の事業として二〇一八年十二月に着工。駅のほぼ正面に位置し、外堀通りに接するエリアの敷地面積は一・三ヘクタール、延べ床面積は二十八万平方メートルになる。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧