京急、座席回転 通勤列車

2021年5月11日 07時08分

報道陣に公開された京急の新たな車両=4月15日、京急蒲田駅で

 品川と神奈川・三浦半島を結ぶ京浜急行電鉄が、回転式座席を備えた新車両を導入した。四両編成が二本あり、うち一本が六日、朝の通勤列車としてデビューした。
 主力の「1000形」を改造し、車内設備を一新した。普段は窓と平行にしている座席を、時間帯によって進行方向を向くように回転させ、有料の座席指定車両にする。
 車座になるよう配置して、貸し切りイベントに使うこともできる。
 座席には、新型コロナに対する抗ウイルス効果が確認されたシート地を使った。全席に電源コンセントを備え、リモートワークにも便利。バリアフリーのトイレ、防犯カメラも設置した。京急広報部は「ウィズコロナ時代に合わせた新しい通勤環境を提供したい」としている。 (浅田晃弘)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧