<新型コロナ>高齢者のワクチン予約申し込みサポート 狭山市職員が端末入力

2021年5月11日 07時36分

タブレットを操作して、高齢者(右)のワクチン接種予約を受け付ける市職員=狭山市で

 狭山市は十日、七十歳以上の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種の予約申し込みを、市職員がサポートする取り組みを始めた。接種は十七日から始まる。
 市職員二、三人が地区センターや集会所に待機し、接種券を持つ高齢者や代理の家族から希望日時と医療機関を聞き取り、予約用タブレット端末で入力する。
 インターネット操作に不慣れな高齢者を支援し、電話予約の混雑回避を図る。他自治体で予約が殺到し、アクセスできなくなるトラブルがあったことから実施を決めた。
 同市下奥富の前田自治会集会所には、午前八時半の申し込み開始前から、支援を望む複数の高齢者が訪れた。予約を終えた高齢の女性は「パソコンはできないし、電話もつながりそうにない。助けていただき感謝している」とほっとした様子だった。
 市によると、七十歳以上の市民は約三万七千三百人。各地区センターなどをサポート会場にして近隣住民に対応する。十一日までは八十歳以上(二〇二二年末現在)の市民を対象とし、その後に対象年代を広げていく。
 問い合わせは市のコールセンター=電0570(077)380=へ。 (加藤木信夫)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧