<新型コロナ>神奈川県で新たに277人感染 4日連続で前週上回る 70人から変異株検出

2021年5月11日 19時54分
神奈川県庁

神奈川県庁

 神奈川県内で11日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、277人の感染が明らかになった。感染経路不明は159人。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者は1週間前の4日より63人多く、4日連続で1週間前を上回った。
 川崎市は、高津区の50代自営業男性の死亡を発表した。9日夜、市内の病院に救急搬送され、肺炎による死亡が確認された。数日前から発熱やせきなどの症状があったという。また保育園児~60代の73人の感染を発表した。
 横浜市は81人の感染を発表した。クラスター(感染者集団)が発生した市内の大学運動部で、部員たちと同じ寮で生活する学生ら11人の感染が新たに分かり、関連の感染者は23人になった。
 県は77人の感染を発表。小田原市の50代と70代の男性計2人は、小田原保健福祉事務所管内の飲食店の客と従業員で、クラスターは16人になった。この飲食店は県が発行する「感染防止対策取組書」を取得していなかった。綾瀬市の10歳未満~40代の男女5人は家族ら。知人らを交えて12人で会食して感染したとみられ、感染者は8人になった。
 相模原市の新規感染者は12人。うち70代男性は南区の通所介護事業所の利用者。職員と利用者計4人の感染が判明しており、クラスターに認定した。
 横須賀市は8人の感染を発表した。20代の男性海上自衛隊員2人は、市内の別の部隊に所属する。
 藤沢市は10歳未満の6人を含む17人の感染を発表した。
 茅ケ崎市は9人の感染を発表した。
 また、 神奈川県は11日、新型コロナウイルス感染者のうち、10歳未満~90代の70人から変異株を検出したと発表した。変異株感染者は1281人になった。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧