<新型コロナ>横浜市のワクチン接種、10日受け付け分埋まる 次回は17日、枠と対象者増

2021年5月12日 06時59分
 横浜市は十一日、七十五歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチン集団接種の電話での予約受け付けを午前九時に再開し、十日に埋まらなかった約二千五百人分が同十時三十五分ごろに埋まったと発表した。電話はつながりにくい状況だったという。
 市は十日、六月二十八日〜七月四日に接種する約二万七千人分の予約受け付けをインターネットと電話で始めた。インターネットと電話の枠を半分ずつとし、インターネットは二十五分で定員になったが、電話の枠が埋まらなかった。
 次回の予約受け付けは五月十七日午前九時から。三〜六日に受け付けた七万六千人分、十、十一日に受け付けた二万七千人分より多い八万二千人分の集団接種と、二十四日から一部医療機関で始まる個別接種を受け付ける。ただ、まだ予約できていない七十五歳以上の四十三万人に加え、新たに七十〜七十四歳の二十五万人も対象になる。
 個別接種の予約方法は十二日にホームページなどで公表する。集団接種は会場数が二十一増えて計四十になり、六月七〜二十七日に行う五万三千人分と七月五〜十一日に行う二万九千人分を受け付ける。 (丸山耀平)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧