「県民と選手を分け隔てする必要性はない」茨城県知事、五輪組織委の病床確保要請を拒否<新型コロナ>

2021年5月12日 14時37分
茨城県の大井川和彦知事=1日撮影

茨城県の大井川和彦知事=1日撮影

 東京五輪でサッカー競技が予定される茨城県の大井川和彦知事は12日の記者会見で、大会組織委員会から選手専用の新型コロナウイルス対応病床の確保要請があったと明らかにし、「県民と選手を分け隔てする必要性はないので、お断りした」と述べた。
 五輪開催の是非についても「必ずやらなければいけないということではない。場合によっては中止や延期という判断もありうる」と言及。7月4、5日に県内で実施予定の聖火リレーは、その時点で県民に外出自粛を要請している市町村の公道では行わない考えを示した。
 大井川知事は「仮に大阪のような『医療崩壊』の中で五輪だけを開催するのは、日本だけでなく世界の方にも理解を得られない。そういう状況に陥った場合には、再度の延期か中止を選択肢の一つとして検討すべきだ」と語った。(保坂千裕)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧