色とりどり600品種 春バラ咲き誇る 熱海・観光庭園で見頃

2021年5月13日 07時26分

見頃を迎え、園内を華やかに彩るバラ=熱海市上多賀で

 熱海市上多賀の観光庭園「アカオハーブ&ローズガーデン」で、春バラが見頃を迎えている。5月いっぱいがピークの見込み。
 園内には12種類のガーデンが点在し、約600品種、4000株のバラが植えられている。早咲きと遅咲きの品種がバランス良く植栽され、遅咲きは7月初旬ごろまで楽しめるという。
 赤や白、ピンク、オレンジ、黄色など色とりどりで、大小さまざまなバラの花が園内を彩り、12日には観光客が散策や記念撮影を楽しんでいた。園の担当者は「春は花の多さと多彩な色が見どころ」と話す。
 開園時間は午前9時〜午後5時。6月30日までは園内で「熱海ローズフェスティバル」も開催しており、ガイドツアーなどのイベントも楽しめる。期間中は無休。問い合わせは同園=電0557(82)1221=へ。 (山中正義)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧