立川らく朝さん死去 落語家、医師

2021年5月13日 07時34分
 立川らく朝さん(たてかわ・らくちょう=落語家、医師、本名福沢恒利=ふくざわ・つねとし)2日死去、67歳。長野県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。
 慶応大医学部内科学教室に入り、脂質異常症などの臨床や研究に従事。46歳で立川志らくさんに入門してプロの落語家となり、15年に真打ち昇進。健康教育を兼ねた「健康落語」などの領域を開拓し、講演活動も展開した。著書に「笑って生きれば、笑って死ねる」など。

関連キーワード


おすすめ情報