啓発メロンパンで特殊詐欺被害防げ 山崎製パンが発売

2021年5月14日 07時49分

パッケージに特殊詐欺啓発メッセージが記されたメロンパン

 山崎製パン(東京都千代田区)は特殊詐欺対策として、パッケージに啓発メッセージなどが書かれた「メロンパン(ダブルクリーム)」を発売した。県内のスーパーやコンビニなどで六月末ごろまで販売予定。
 パッケージにはパトカーを思わせる白と黒のライン。さらに「電話で『お金』の話が出たらサギを疑いましょう」の啓発文や、特殊詐欺の手口や対策を紹介する警察庁ホームページのQRコードが記されている。
 メロンパンらしからぬデザインは、県警からの依頼で実現した。商品を製造する同社埼玉第一工場(所沢市)の担当者は「地域貢献の一環として被害を少しでも減らしたい」と狙いを語った。
 県警生活安全総務課によると、県内のニセ電話詐欺など特殊詐欺認知件数(暫定値)は、四月二十一日時点で前年同期比二十六件増の三百三十五件。子や孫をかたって高齢者をだますオレオレ詐欺が目立つという。 (杉原雄介)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧