東京五輪 豪とキューバ選手団 事前合宿を取りやめ

2021年5月14日 07時51分
 新型コロナウイルスの感染拡大などを受け、東京五輪でオーストラリアとキューバの代表チームが、それぞれ七月ごろに予定していた埼玉県内での事前合宿を中止したことが、県などへの取材で分かった。
 県によると、オーストラリアの柔道チームは、県立武道館(上尾市)と県民活動総合センター(伊奈町)を利用する予定だった。四月下旬、同国側から「チームと受け入れ双方の感染リスクを考えると実施は困難」との連絡があった。県担当者は「残念だが、早い段階での意思表示で誠意ある対応をしてもらった」と理解を示した。
 キューバ代表チーム(競技未定)は東松山市の大東文化大東松山キャンパス内の施設で、泊まりがけで練習する予定だった。
 市と大学によると、大学側が昨年九月、オンライン授業中心だった学生の就学環境の立て直しに専念しなければならず、代表チームの宿泊や食事に対応することは困難と判断。市と同国に伝え、今月十二日に中止が決まった。市担当者は「代替施設がなく、十分に対応できない。やむを得ない」と述べた。 (飯田樹与)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧