小池都知事「要望は承知しているが…」 東京五輪反対の35万人署名も「着実に準備進める」

2021年5月14日 16時06分
東京都の小池百合子知事=14日、都庁で

東京都の小池百合子知事=14日、都庁で

 東京五輪・パラリンピックの中止を求めてオンラインでの署名活動に取り組む元日弁連会長の宇都宮健児氏が14日、大会を開催しないよう求める要望書を東京都庁で提出したことについて、小池百合子知事はこの日の定例会見で「世界的なパンデミックではあるが、東京2020大会を安全・安心に開催することは重要。引き続きIOC、国、組織委員会などの関係者と連携し、着実に準備を進めていく」との考えを示した。
 小池氏は宇都宮氏が進める署名について「要望の提出があったということは、承知している」と説明。その上で、都庁には東京五輪・パラリンピックの準備を進めると準備局と、新型コロナウイルス対策を進める福祉保健局がそれぞれの活動に取り組んでいるとし、「両方に都庁全体を挙げて進めていくのは都の役割だ。そこに尽きる」と述べた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧