スペンサー・シルバーさん死去 ポスト・イットを発明した米化学者

2021年5月15日 07時12分
 スペンサー・シルバーさん(粘着力のある付箋「ポスト・イット」を発明した米化学者)米メディアによると8日、中西部ミネソタ州セントポールの自宅で死去、80歳。家族によると約27年前に心臓移植を受け、心室頻拍の症状が最近出ていた。
 41年2月、南部テキサス州サンアントニオ生まれ。化学・事務用品の3M(スリーエム)に勤めていた68年、強力接着剤を開発する実験で、はがれやすく再使用できる接着剤を発明、72年に特許を取った。その後、テープ部門の技術者が目を付け、80年に「ポスト・イット」として発売、大ヒット商品となった。 (ニューヨーク・共同)

関連キーワード

PR情報