<新型コロナ>茨城県で新たに62人感染 変異株は32人

2021年5月15日 19時26分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県と水戸市は15日、新たに62人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者の累計は8946人となった。また32人の変異株感染も判明。1日当たりの発表分は14日の36人に次ぐ多さで、若い世代を中心に変異株の感染が急速に拡大している。
 新規感染者の居住地の内訳は、水戸市10人、つくば市9人、古河市5人など。
 水戸市内の大学では、同じ運動部に所属する男女7人の学生の感染が新たに判明。累計の感染者は9人となった。水戸市によると、運動部は今月まで活動していたが、現在は休部中という。
 バスケット部やバレー部などでクラスター(感染者集団)に発展した牛久市内の高校では、新たに生徒1人の感染を確認。累計の感染者は、県外発表分を含み22人に上る。
 県と水戸市は44人の退院などを発表。退院者などは計8113人となった。 (出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧