<新型コロナ>自粛要請 来月8日にも大部分解除 パチンコ店など 週明けから対象外に

2020年5月23日 02時00分
 県は二十二日、新型コロナウイルス対策として続けている外出自粛や休業要請について、週明けの二十五日からさらに緩和すると発表した。県内の新規感染者は十七日連続でゼロで、感染拡大はほぼ抑制されている。こうした状況が維持できれば、県は六月八日に大部分の要請を解除し、県立学校も部活動の一部を除いて再開される見通しだ。(宮尾幹成)
 県は、直近一週間の県内の新規感染者数など六つの判断指標に基づき、外出自粛や休業の要請対象などを四つのステージ(段階)ごとに示している。現在は二番目に厳しい「ステージ3」の対策を取っているが、これを「ステージ2」に引き下げる。
 大井川和彦知事は県庁での記者会見で「県民や医療従事者のご努力で、順調に感染の第一波を抑え込みつつある」と強調。「引き続き(人との間隔をできるだけ空けるなどの)新しい生活様式を常に意識していただき、早い段階でのステージ1への緩和の実現を一緒に目指していただければ」と語った。ステージ1に緩和するかどうかは、二週間後の六月五日に判断する。
 ステージ2では、重症化のリスクが高い高齢者などを除き、時間帯による外出自粛を解除。県外への移動は、緊急事態宣言の対象地域に限り自粛を求める。
 政府は東京圏などで続く緊急事態宣言について、感染状況を見極めた上で二十五日にも解除する可能性があるとしている。解除された場合、ステージ2の期間中でも東京圏などへの移動は解禁される。
 休業要請は、パチンコ店やマージャン店、スポーツクラブ、ゲームセンターなどを対象から外す一方、「濃厚接触が避けられず、感染経路がたどりにくい業種」としてライブハウスや性風俗店などには引き続き協力を求める。県立高校などの休校は継続した上で、分散登校の頻度を週一~二日程度から週三~五日程度に増やす。
 ステージ3で開催自粛を求めてきた大規模イベントについては「屋外で二百人超、屋内で百人超」との基準を新たに示した。ステージ2でも、この基準で自粛要請を維持する。

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧