<新型コロナ>感染者、8日連続確認されず 6人が退院、陰性化104人に

2020年5月14日 02時00分
 県は十三日、新型コロナウイルス感染で入院していた七人がPCR検査で陰性になったと発表した。うち六人は退院し、一人は基礎疾患のため引き続き入院中。新たな感染者は八日続けて確認されなかった。
 これまでの感染者百六十八人のうち、症状がなくなり陰性化したのは百四人となった。
 退院したのは、四月一日に感染が確認されたつくば市の九十代女性と八十代女性、牛久の四十代女性、古河市の八十代男性、七日に感染が確認された鹿嶋市の六十代男性、二十四日に感染が確認された境町の六十代女性。継続入院しているのは、四月二十一日に感染が確認されたつくば市の七十代男性。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧