<新型コロナ>横浜市、個別接種予約を開始

2021年5月18日 07時28分
 横浜市は十七日、七十歳以上の高齢者を対象に、新型コロナウイルスワクチンの個別接種の予約受け付けを始め、集団接種の三回目の予約受け付けを行った。インターネットの予約サイトでは開始から一時間半ほどで定員になり、これまで通り電話は終日つながりにくい状態だった。
 市によると、午後六時時点で個別接種の予約枠約七千五百人分のうち約五千六百人分と、集団接種約八万二千人分のうち約七万五千人分が埋まった。空きはいずれも電話受け付け分のみで、十八日午前九時に受け付けを再開する。
 これとは別に、十八日は、新たに六月七日に個別接種を受ける予約枠として七百〜八百人分が加わる。午前九時からサイトと電話で予約できる。
 また、市は十七日、市のサイトなどを経ずに、直接予約できる約六百の医療機関名を記した冊子を区役所などに置くとともに、ホームページに掲載し、公表した。
 南区役所に冊子を取りに来た女性(57)は、糖尿病の持病のある母親(76)のため七十五歳以上の予約ができるようになった十日、サイトにアクセスを繰り返し、電話を七十回以上かけたが取れなかったという。「かかりつけの診療所が冊子に載っていたので、予約できれば」と話した。 (丸山耀平、加藤益丈)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧