<新型コロナ>県内新たに3人感染 水戸の親子と取手の女性 161人に

2020年4月27日 02時00分
 水戸市は二十五日夜、市内の親子二人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、県は二十六日、取手市の五十代の女性会社員が感染したことを明らかにした。県内で確認された感染者は百六十一人となった。
 水戸市によると、二人は、ともに無職の五十代男性と七十代女性の親子。十三日から発熱やせきなどの症状が現れた。軽症。八日から都内在住の親族が帰省して滞在しており、市は感染経路や濃厚接触者の確認を進めている。
 県発表分の取手市の五十代会社員女性は、九日に感染が判明したJAとりで総合医療センターの看護師の二十代女性と、翌日に感染が分かった二十代男性の母で、同居している。女性は、娘が六日に発熱したことを受け、翌日以降は自宅にいた。二十一日に発熱し、症状は軽い。 (水谷エリナ)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧