<華宝塚>貢献できる舞台人に 綺城ひか理(あやき・ひかり)(星組)

2021年5月20日 07時22分
 星組公演「ロミオとジュリエット」(二十三日まで、東京宝塚劇場)は、あまりにも有名なシェークスピア原作の名作をジェラール・プレスギュルヴィックがミュージカル化。日本では宝塚歌劇団が二〇一〇年に初上演、再演を重ねてきた。仮面舞踏会で運命的に出会ったロミオ(礼真琴(れいまこと))とジュリエット(舞空瞳(まいそらひとみ))の純愛物語で、ロミオの親友ベンヴォーリオと、ジュリエットに求婚する富豪、パリス伯爵の二役を役替わりで演じている。
 メインキャストで重要な役どころのベンヴォーリオは「作品に影響する部分が多く、プレッシャーを感じながら千秋楽までつとめたい」、パリス伯爵は「出番は少ないですが、(ジュリエットに)求婚することで物語の発端となる。与えられた(役の)任務は大きい」と気を引き締める。演者として大作と向き合い「不動のラブストーリーの中で、最大の挑戦をさせてもらえる」と、その魅力を語る。
 小学生の時に市民ミュージカルに出演し、両親から「舞台に立っている時が一番楽しそうで、キラキラしている」と言われて、舞台の世界を目指し始めた。
 今年で入団十一年目。一七六センチの身長を生かしたダイナミックなダンス、優れた歌唱力、演技力で舞台に立つ人気の男役。「どんな役であっても作品の中で確実に貢献できるようになりたい」と、さらなる精進を誓う。 (山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
 −飼い猫を連れて行きたい。甘えん坊で、ツンデレ。癒やされます。
 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?
 −(コロナ禍の)こんな世の中なので、誰かの誰かに対する思いやりの気持ちを感じたとき。
 (3)1週間休みがあったら何をしますか?
 −3年前にも行って楽しかったのですが、(「ロミオとジュリエット」の舞台の)イタリア・ヴェローナにまた行きたい。
 ※7月22〜28日、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場での星組公演「マノン」に出演予定。
<あやき・ひかり>
 (1)出身地=千葉市
 (2)出身校=市立朝日ケ丘中学
 (3)入団年=2011年
 (4)愛称=あかさん、あかちゃん
 (5)趣味=猫と遊ぶこと
 (6)特技=電子オルガン、タップダンス、けん玉
 ※新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して上演しています。

関連キーワード

PR情報