伊藤アキラさん死去 作詞家

2021年5月23日 07時14分
 (いとう・あきら=作詞家、本名皓=あきら)15日、急性腎不全のため死去、80歳。千葉県出身。葬儀は近親者で行った。
 放送作家で音楽家の三木鶏郎に師事し、CMソングの作詞などを始めた。初期の代表作、69年の丸善石油「オー・モーレツ!」は、高度経済成長期を象徴するCMの一つとして注目を集めた。「この木なんの木」のフレーズで知られた日立のCMソング「日立の樹」は、73年から放送され、親しまれた。他に、「イソジン」「青雲」「きのこの山」のCMなど。
 子どもたちに人気のアニメソングや童謡も作詞。テレビアニメ「うる星やつら」の主題歌、幼児番組「ひらけ!ポンキッキ」の「はたらくくるま」や「南の島のハメハメハ大王」などがある。歌謡曲も数多く手掛け、渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」、フォーリーブスの「ブルドッグ」などをヒットさせた。

関連キーワード


おすすめ情報