高須院長の秘書を任意聴取、署名簿に指印 愛知県知事リコール不正

2021年5月24日 22時33分
高須克弥院長

高須克弥院長

 愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件に関連し、県警は24日、運動を主導した美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の女性秘書を任意で事情聴取した。関係者への取材で分かった。
 関係者によると、24日、名古屋市中村区にある高須クリニックの関連会社を捜査員が訪れ、不正への関与などについて説明を求めたとみられる。秘書はこの会社の役員を務めている。
 高須氏によると、秘書は署名提出直前の昨年10月下旬~11月上旬ごろ、名古屋市内の公共施設で、佐賀市の貸会議室に集められたアルバイトが他人の氏名や住所を記入した署名簿に自身の指印を押した。地方自治法違反の疑いで逮捕された運動事務局長田中孝博容疑者(59)の指示があったとみられる。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧