<キッチンカー グルメ>ALCA DELI.(オリジナル焼きカレー)

2021年5月25日 07時13分

◆石窯で香ばしさ格上

 カレーにチーズをのせてグラタンのように火を入れる「焼きカレー」は北九州市門司港のご当地グルメ。同市出身の菅原優美子さんが昨年6月から始めたキッチンカー「ALCA DELI.(アルカデリ)」の看板メニューだ。
 驚くのは車内に石窯を搭載していること。500度の高温で一気に焼き上げる。「本来はオーブンで焼くんですが、時間がかかってお待たせしてしまうので…。試行錯誤して石窯に行き着きました」と菅原さん。これが功を奏し、一段上の香ばしさを生み出している。
 写真(上)は「オリジナル焼きカレー」760円。ベースとなるのは独自のレシピによる牛すじカレー。圧力鍋でトロトロになるまで煮込んだ牛すじのうま味が溶け込んで、口当たりはねっとり。チーズが辛さをマイルドにしている。付け合わせの自家製マッシュポテトもクリーミーな食感がベストマッチ。野菜5種やタンドリーチキンをトッピングしたものなどメニューも豊富で、いずれも人気だ。取材日も早めに完売した。

北九州市出身の菅原優美子さん

 菅原さんは保険会社勤務を経て、飲食店開業の夢をかなえようとキッチンカーを入手。2019年にクレープから始めたものの「やはり食事メニューで」と初心に立ち返った。「それも郷土料理を東京でやることに意味があると思いました」。石窯の熱で、夏はファン付き作業服が欠かせない車内でも、癒やし系の笑顔でがんばっている。 (さりあ)
 出没先は、キッチンカーの拠点「SHOP STOP」中心。御殿山トラストタワー、北参道、桜上水、国分寺など。SNSで情報発信中。

関連キーワード


おすすめ情報

地域グルメの新着

記事一覧