<新型コロナ>横浜市のワクチン予約、4回目はネット分が43分で終了 電話は依然つながりにくく

2021年5月25日 07時14分

ワクチン接種を受ける高齢者(代表撮影)

 横浜市は二十四日、高齢者の新型コロナウイルスワクチンの集団接種の四回目の予約受け付けを行った。合わせて、市の予約システムを通じた個別接種の予約も受け付けた。集団接種約二万人分と個別接種約二千人分の枠は、インターネットの予約サイトで開始から四十三分、電話でも夕方までにすべて埋まった。また、市内の十三の医療機関で個別接種が始まった。
 市によると、予約を受け付けたのは三十一日〜六月二十七日に行う集団接種と五月三十一日〜六月二十日に行う個別接種。予約サイトで約一万五千人分、電話で約七千人分を受け付けた。電話はこれまで同様、つながりにくかったという。
 次回の集団接種の予約受け付けは五月三十一日からで、六月二十八日〜七月十日に接種する約一万人分。市の予約システムを通じた個別接種の予約は毎日午前九時から受け付けている。
 個別接種が始まった医療機関の一つ、長津田厚生総合病院(緑区)では、高齢者二百十人と医療従事者三十人に接種を行った。医師二人が問診し、看護師三人が接種する流れで滞りなく進んだという。同病院は平日は毎日二百四十人に接種する予定。戸田憲孝副理事長は「地域、社会に貢献する医療従事者のミッションとして接種を続けていく」と話した。 (杉戸祐子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧