自宅で楽しむ花火大会 5カ所から5分間 きょう熊谷

2021年5月29日 07時15分

「ステイホーム花火大会」の開催を広報する一尺玉の模型=熊谷市で

 熊谷市観光協会は二十九日、「熊谷花火大会」の特別大会「いまこそスクマム ステイホーム(だけど)花火大会」を開く。午後七時半から約五分間、市内五カ所の会場から計二千発の花火を打ち上げる。
 熊谷花火大会は例年八月の第二土曜日に開かれ、数十万人の見物客が訪れる人気イベント。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止した。
 今年は可能な範囲で開催しようと、打ち上げ時間を五分程度と例年の二時間から大幅に縮小。打ち上げ場所を五カ所に分散し、市内のどこからでも見物できるよう工夫した。会場に集まらず、自宅で楽しむよう呼び掛けている。
 打ち上げ費用をクラウドファンディングで募ったところ、市民ら延べ二百六十二人から約六百五十万円の寄付が集まったという。 (渡部穣)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧