<新型コロナ>千葉県独自の大規模接種会場、千葉市の蘇我コミュニティセンターに設置 1日600回以上を予定

2021年5月30日 07時16分

県が開設する新型コロナワクチンの大規模接種会場となる蘇我コミュニティセンター=千葉市中央区で

 千葉県は28日、高齢者対象の新型コロナウイルスワクチン接種の加速を目的に県独自の大規模接種会場「県高齢者ワクチン接種センター(仮称)」を6月14日〜7月31日まで、蘇我コミュニティセンター(千葉市中央区今井1)に設置すると発表した。6月8〜30日まで予約を受け付ける。 (中谷秀樹)
 会場はJR蘇我駅から徒歩五分。米ファイザー製ワクチンを使用し、一回目の接種が十四日〜七月十日、三週間後の二回目は県が接種日を指定する。接種人数は一日当たり六百回以上を予定し、休日と祝日も稼働する。県によると、設置期間の四十八日間で一万六千二百人に二回の接種を終える考え。千葉大病院や県看護協会などの協力を得て、打ち手の医療従事者らを確保する。
 対象者は、県内に住民登録がある六十五歳以上の高齢者で、市町村が発行する接種券が手元にあり、これまでに接種を受けていない人。事業規模は七億円で補正予算を二十八日に専決処分した。
 熊谷俊人知事は「市町村におけるワクチン接種を補完し、希望する高齢者に速やかに接種できるよう設置することになった」と説明し、二カ所目の設置も検討しているという。
 予約は、いずれも六月八日午前九時に開設されるインターネットの専用ウェブサイトや無料通信アプリ「LINE(ライン)」のほか、同日開設の県高齢者ワクチン接種予約コールセンター=電0570(000)264=で相談も含めて受け付ける。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧