五輪開催「今の状況でやるのは普通はない」と尾身氏、選手村への酒持ち込みも疑問視

2021年6月2日 19時25分
衆院内閣委で答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2日午後

衆院内閣委で答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2日午後

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は2日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックに関し、感染対策を徹底するのは大会組織委員会の義務だと訴えた。「今の状況で(大会開催を)やるのは普通はないわけだ。パンデミック(世界的大流行)の状況でやるのであれば、開催規模をできるだけ小さくして管理体制をできるだけ強化するのは主催者の義務だ」と述べた。
 同時に「何のために開催するのか明確なストーリーとリスクの最小化をパッケージで話さないと、一般の人は協力しようと思わない」と指摘。大会開催が国内の感染状況に与える影響を巡り「(専門家としての評価を)何らかの形で考えを伝えるのがプロフェッショナルの責務だ」と語った。
 衆院内閣委では、感染最小化が組織委の「当然の責任だ」との認識を重ねて示した上で「どのような状況で感染リスクが上がるのか、しっかり分析して意見するのが専門家の務めだ」と強調。移動の自粛などを要請する中でのパブリックビューイング開催や、選手村への酒の持ち込みが可能な状況について「一般の人の理解、協力を得にくくなる」と疑問を呈した。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧