陰謀論Qアノンの信奉者3000万人? アメリカの研究所調査「衝撃的だ」

2021年6月2日 20時09分
 【ニューヨーク=杉藤貴浩】1月の米連邦議会襲撃事件や昨年の大統領選に大きな影響を与えたとされる陰謀論「Qアノン」を強く信奉する人々は、米国人口の10分の1に当たる3000万人以上に上るとする調査結果を米公共宗教研究所などがまとめた。共和党や右派メディアの支持者に際だって多い傾向も判明した。

Qアノン 民主党や財界などの小児性愛者、「影の国家」が世界を支配すると主張する極右陰謀論。トランプ氏をそれらと戦う救世主とする。熱心な層だけで数十万人とされ、同氏の大統領選敗北で一部の過激化が懸念されている。連邦議事堂襲撃事件にも信奉者が加わっていた。2017年にネットで「Q」を名乗る人物が書き込みを始めた。アノンは、匿名を意味する「anonymous(アノニマス)」に由来。

 Qアノンの偽情報は内容が雑多で主にネットで広まるため信奉者の数は把握しにくいが、これまで数十万人から数百万人とする報道や専門家が多かった。
 調査では「政界やメディア、金融界は子どもの性的人身売買を行う悪魔崇拝者に操られている」などとするQアノンの基本的な陰謀論3つに同意する「信奉者」が全体の14%に達した。同研究所の創設者は米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)で「総人口に当てはめると3000万人を超える。衝撃的だ」と述べた。

◆「選挙が盗まれた」信奉者の7割が同意

米ワシントンで昨年11月、大統領選で不正があったなどと訴えて集まったトランプ大統領の支持者ら=岩田仲弘撮影

 支持政党別で見ると、Qアノンの基本的思想を完全に拒否したのは、民主党支持者の58%だったが、共和党では21%しかいなかった。トランプ前大統領寄りの報道で知られる「ニュースマックス」など右派メディアを最も信頼すると答えた人は、ABCなど三大ネットワークを信頼する人に比べ、Qアノン信奉者である確率が8・8倍高かった。大統領選で敗れたトランプ氏の「選挙が盗まれた」という主張にはQアノン信奉者の73%が同意した。
 調査は3月に全米の18歳以上5000人余りに実施、5月下旬に公表された。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧