【動画】死亡女性と同じ単独室に無理やり移動 名古屋入管収容者訴え 上川法相は言及避ける

2021年6月4日 22時49分

会見する上川法相=4日、法務省で

 外国人支援団体「START」が、収容中のナイジェリア人男性が、名古屋出入国在留管理局の職員らに意に反して単独室に移されたと訴えている点について上川陽子法相は4日、閣議後の記者会見で「個別事案なのでコメントは差し控える」と言及を避けた。支援者によると、男性は同日午後3時過ぎ、仮放免の許可が出たため施設を出たという。
 STARTによると、男性は5月26日から飲んでも吐く状態になり、同28日、外部病院で精密検査を受け、点滴3本を投与されたが、その後は入管での点滴治療はなく、同31日には、本人の意思に反し、職員らの制圧を受け、単独室に移されたという。
 男性は、同施設に収容されていたスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=が、同じ単独室で亡くなったため、単独室に行くことを強く拒否したが「20人近くの職員に制圧され、連れて行かれた」と話したといい、STARTは2日、名古屋入管局長宛に抗議の申し入れ書を提出している。(望月衣塑子)

関連キーワード

PR情報

動画の新着

記事一覧