<今、変化を ジェンダー平等へ>LGBT法案 国会審議を 当事者らの団体、自民県連に要望

2021年6月5日 07時14分
 LGBTなど性的少数者の当事者や支援者でつくる市民団体「レインボーさいたまの会」は四日、自民党県連役員と懇談し、性的少数者の課題に関する「理解増進法案」について、今国会での審議を党本部に働き掛けるよう要望書を提出した=写真。
 同法案は与野党の実務者間で合意されていたが、基本理念に盛り込まれた「差別は許されない」との表現を巡って自民党の一部議員の了承が得られず、今国会への提出が見送られることになった。
 同会の鈴木翔子共同代表は「法案(の成立)は性的少数者の生活や命を守る第一歩として必要不可欠だ」と強調。川崎しょう副代表は、性的指向への差別禁止はオリンピック憲章にうたわれているとし、「五輪前だからこそ、成立に結びつけてほしい」と協力を求めた。
 応対した小谷野五雄県連幹事長は「自由じゃない社会は良くない。協力する」と述べ、県内選出の同党国会議員や近隣の県連幹事長らに働き掛ける考えを示した。
 他の県議からは、県議会の同党会派内でプロジェクトチームを立ち上げ、条例制定を視野に議論を進めるとの意見も出た。 (飯田樹与)

関連キーワード


おすすめ情報