「14歳と性交で逮捕は不当」発言は「自分だ」 立憲民主党の本多平直氏認める

2021年6月7日 22時31分
本多平直衆院議員

本多平直衆院議員

 立憲民主党法務部会のワーキングチーム(WT)が刑法の性犯罪規定の見直しについて議論した際、本多平直ひらなお衆院議員(56)=比例北海道=が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言していたことが7日、分かった。本多氏が自らの発言だと認めた。立民は、福山哲郎幹事長が本多氏に厳重注意したと発表した。
 WTの寺田学座長によると、5月10日のWT会合で、外部講師が性交に同意できる年齢を現在の13歳から16歳に引き上げるべきだと主張した際、反論として出た。「成人と中学生が恋愛関係になるのはあり得る。罰するのは望ましくない」とも語ったという。
 本多氏は自身の事務所を通じ「私の発言は不適切であり、おわびして撤回する。誠に申し訳ありませんでした」とのコメントを発表した。(共同)

関連キーワード

PR情報