<テークアウト グルメ>DELI BREEZE(4種おかず+ごはん)

2021年6月8日 07時26分

(1)

◆和洋中40種以上ずらり

 東急線田園調布駅の西口は瀟洒(しょうしゃ)な住宅街の入り口。その雰囲気に溶け込む、おしゃれな総菜屋さん「DELI BREEZE」は駅から徒歩1分の場所にある。隣の自由が丘駅そばにも支店があり、行列と、圧倒されるほど多くの総菜の数で知られる=写真(1)。厨房(ちゅうぼう)があるのは田園調布本店だ。
 「和洋中、幅広く毎日40〜45種類は作ってますね」と代表の後藤雄一郎さん(53)。自らスタッフとともに調理し、配達もこなす。
 かつては自由が丘に2店あったが、本店兼厨房を今年1月に田園調布に移転。自由が丘店の6倍広く、イートインスペースもある。ゆったりと総菜を選びたい人には本店がオススメだ。

(2)

 各種100グラム300〜400円台だが、個別に買うより、セットで買う人が多い。写真(2)は「4種おかず+ごはん」800円。4種は全種類から選べる。人気の品から「にら玉」「牛肉と茄子(なす)のピリ辛」「レンコンの肉詰め」「キャロットラペ」をチョイス。ご飯は白米もあるが、玄米を選んだ。
 どの総菜もとがったところがなく、間違いない味。「お子さまからお年寄りまで安心できる味を心がけています」と後藤さん。田園調布生まれで、父親も洋総菜店を経営していたとか。独立して自由が丘から始め、今年で24年目。地域密着を重視し、客の傾向を見ながら総菜の味を磨いてきた。おしゃれなスタイルも安心できる味も、地元に合わせた賜物(たまもの)だ。 (さりあ)
 大田区田園調布3の25の2。当面の間は10〜19時。無休。(電)03・6459・7336

関連キーワード

PR情報

動画の新着

記事一覧