<山崎まゆみのバリアフリーで行こう>ウォーターズ竹芝 潮風感じ散策・食事

2021年6月9日 07時46分

シアター棟のテラスからは、プラザ(広場)や停泊する水上バスを見下ろせる

 東京都港区の竹芝エリアが再整備され、昨年、「ウォーターズ竹芝」が誕生しました。水辺と浜離宮恩賜庭園を望む位置に、「JR東日本四季劇場【春】【秋】」「アトレ竹芝」などが新設され、劇場やレストラン、カフェ、ホテルなど多彩な店がそろいます。
 基本的に建物はバリアフリーの配慮がなされていますし、通路も広く、1階は多目的トイレや授乳室等が設置されていますので、車いすやベビーカーを利用する人も気軽に散策しやすいスポットです。
 特筆すべきはアトレ竹芝のシアター棟とタワー棟の間にある「プラザ」です。目にも鮮やかな芝の広場と、広々としたスペースにテーブルと椅子が置かれたフリースペースですので、ここでテークアウトした食事を取り、ひと時を過ごすのは爽快です。
 タワー棟1階のレストラン「ブラウアターフェル」には、プラザ側から注文できる窓口もあり、世界各国から独占輸入したクラフトビールやバーベキューセット(3000円〜)等が購入できます。同じく1階の「the 3rd Burger」(ザ・サードバーガー)の手作りバンズとパティはおいしいと評判。2、3階にある他のレストランのテラス席も段差はありません。

船着場付近を歩く親子連れ。奥の干潟にもスロープがあり、ベビーカーでも入ることができる=いずれも東京都港区で

 そして目の前に広がる風景は水辺と竹芝地区船着場。色とりどりの水上バスが停泊していて、吹き抜ける潮風が鼻孔をくすぐります。毎週金曜と土曜の18時から1時間弱の「ナイトクルーズ」が出航。桟橋一帯もすべてバリアフリーで、乗船入り口にも段差はなく、スムーズに乗れます(現在運休中)。
 船着場のすぐ横には竹芝干潟があります。さほど広くはありませんが、バリアフリーの固定デッキから小魚が泳ぐ様も確認できます。
 平日の日中に訪ねると、この近辺で仕事をする人たちがつかの間の休息をとり、ベビーカーを押すママさん2人が散歩していました。
 JR浜松町駅から徒歩6分、ゆりかもめ竹芝駅から徒歩3分という好立地。どちらの駅からもスムーズに移動できます。駐車場棟の2階に障がい者用の駐車場区画があります。 (温泉エッセイスト)

関連キーワード

PR情報

シニア・介護の新着

記事一覧