相次ぐ五輪PVの中止要請に…小池知事「それぞれで考える」

2021年6月9日 14時22分
小池百合子知事

小池百合子知事

東京都の小池百合子知事は9日、東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイング(PV)の開催について、各地で中止を求める動きが出ていることや、1カ月後の7月9日から予定される都内での五輪聖火リレーについて「それぞれで考えていきます」と述べた。都庁で報道陣に答えた。
 五輪のPVをめぐっては、武蔵野市が、都立井の頭恩賜公園競技場での開設中止を都に求めているほか、都立大労組が南大沢キャンパスでの開催中止を求める声明を発表。墨田区は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、東京スカイツリータウン4階のスカイアリーナで予定していたPVなどのイベントを中止した。
 こうした動きについて記者が「人が集まるということに懸念が寄せられる中で、知事としての受け止めは」と質問。これに対し、小池氏は「それぞれで考えていきます」と答えると、そのまま次の質問は受けずに立ち去った。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧